スマホサイトを表示

公益社団法人 鹿児島交響楽団公式サイト

演奏会情報

公益社団法人鹿児島交響楽団第94回定期演奏会開催日変更のお知らせ

 主題の件につきまして、昨今の新型コロナウイルスの急速な感染拡大の状況を踏まえて、開催について慎重に検討した結果、第94回定期演奏会を2021年8月22日(日)に延期致します。 
イベントに関する国、地方公共団体、宝山ホールのガイドラインによれば、十分な感染対策を取ったうえでの開催は可能ではありますが、鹿児島県の病床数がひっ迫し、ステージ3(2021年6月2日現在)で、感染拡大警報も継続中の状態を考慮して、今回の判断となりました。

演奏会開催に向けてご尽力いただいた関係者、後援会、演奏会を楽しみにして下さったお客様には深くお詫び申し上げます。

尚、ご購入いただいた前売り券、招待券は延期日の8月22日(日)にもご使用いただけますが、前売り券の払い戻しをご希望されるお客様は、ご購入先のプレイガイドにて対応できますので、下記「前売り券の払い戻し」の詳細をご確認下さい。

また、今後の感染状況や社会情勢の変化により、やむを得ず、演奏会形態の変更や、演奏会そのものを中止することもございます。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


前売り券の取り扱い

十字屋クロス、山形屋本店、鹿児島交響楽団団員にて販売いたしておりました、前売り券の販売は一旦中断し、後日改めて発売を開始致します。

前売り券払い戻し方法

2021年6月7日~7月11日の間、ご購入先のプレイガイドにて、前売り券と引き換えにご返金致します。尚、受付時間は各販売所によって異なりますので、ご確認のうえお越しください



第94回定期演奏会

日   時

2021年8月22日(日曜日)午後2時00分開場・午後3時開演

場   所

宝山ホール(鹿児島県文化センター)

曲   目

~第1部~ ピアノトリオとオーケストラの共演!

♪映画「インディ・ジョーンズ」よりレイダース・マーチ(ジョン・ウィリアムズ
♪ピアノとオーケストラのためのムーン・リバー(原曲:H.マンシーニ/編曲:松本圭使)
♪故郷の夏 おはら節~サマータイム(原曲:おはら節~民謡、サマータイム~G.ガーシュウィン/編曲:松本圭使)

~第2部~ ミュージカル&映画音楽の名曲から

♪「コーラスライン」セレクション(M.ハムリッシュ作曲/編曲:ロバート.W.ローデン)
♪「アラジン」メドレー(アラン・メンケン作曲/編曲:ジョン・モス)
♪管弦楽組曲「ハリー・ポッターと賢者の石(ジョン・ウィリアムズ)」 

前売り

一   般:2,000円(当日2,200円)
高校生以下:1,000円(当日1,200円)

※状況により、当日券の販売が行われない場合もあります。

 

 

指   揮

吉浦 勝喜 Katsuki Yoshiura
 福岡県生まれ。福岡県立筑紫丘高等学校卒業。東京藝術大学を経て九州交響楽団人団(現在は退団)。
 コントラバスを永島義男氏、室内楽を故ルイ ・ グレラー、海鉾正毅の両氏、指揮を笠原勝二、下野竜也の 両氏に師事。藝大在学中、小林道夫氏指導の藝大バッハカンタータクラブに所属、バッハをはじめとする バロック音楽演奏の研鑽を積む。
 現在、幼児教育に携わりながら、各地の市民オーケストラ、大学オーケストラ、吹奏楽団等の指揮 ・ 指導を行う。九州ベースクラブ会員、ISB(国際コントラバス奏者協会) 会員。

 

 

ピアノ・作曲

松本 圭使 Keishi Matsumoto
 鹿児島県生まれ。幼少よりピアノを始める。18歳より演奏活動を開始するも 、ジャズピアノの研鑽を積むためにニューヨークヘ留学。帰国後は、鹿児島拠点にこだわりながら様々なグル ープでの関東 ・ 九州公演など全国規模で活動を展開している。
 自身の ピアノトリオのアルバムをこれまで3枚全国発売。2019年に発売された最新作『WITHIN THE CROWD』は、ジャズの専門誌「JAZZ JAPAN」に特集で取り上げられ、注目を集める。
 2014年モントル ー・ジャズ・ ピアノ ・ コンペティション・インかわさきでは、ファイナリストに選出され、話題を呼ぶ。同年より、 阿久根駅での無料観覧ライブを主宰、音楽文化による地域活性化事業に尽力し、岡久根市観光大使を拝命。大学ジャズバンド部への無料セミナーの実施 など、 後進の育成にも注力している。2017年第42回鹿児島市春の新人賞を受賞。
 この受賞を契機に同年より「鹿児島ジャズフェスティバル」を始動させる。2019年は67,000人を動員、2020年は全国に先駆けて実施した配信形式のフェステイバルを成功に収める。誕生から4年で国内最大級のジャズイベントに成長した同フェスの実行委員長を務める。鹿児島拠点ながら、日本ジャズシーンに圧倒的な存在感を示し続けているジャズピアニストである。

 

 

ベース

古木 佳祐 Keisuke Furuki
  神奈川県生まれ。歌手の母、ピアニストの父の音楽一家に生まれ、幼少の頃よりジャズ、ワールドミュージックに親しんで育つ。コントラバスを 山下弘治氏、ジャズピアノを飯沼五洋氏に師事。10代よりプロの場で の演奏を開始し現在横浜、都内を中心に活動している。
 これまで大野俊戸(Tp)、Adam Unsworth (hl)、山口真文(Ts)、高嶋宏(Gt)、奥平真吾(Dr)、熊谷泰昌(p)、吉本章紘(Ts) など日本を代表する著名な演奏家たちと共演、レコーディングメンバーに抜擢されるなど 活躍している。音楽理論を独学で学び、現在は音楽理論講師も務める。2020年には初となる自身のアルバムを制作。楽曲の音楽性の高さ、演奏技術の確かさは、日本ジャズ界において絶賛されている。
ジャズを中心としつつも様々なジャンルのミュージシャンからも信頼を集める無ニの新鋭である。

 

ドラム

福森 康 Yasushi Fukumori
 1985年鹿児島県出身 加治木工業土木科卒業。 15歳でドラムを始め九州での音楽活動をスタート。
高校在学中から、ロック、ソウル、ジャズと様々な音楽に触れ九州各地の数々のセッションに参加。 その後19歳で上京し活動の幅を広げる。
 アグレッシヴかつ繊細なプレイに加え抜群のグルーヴ感で唯一無二かつ圧倒的と評価されている。
 現在は、BIG HONES BEE、ナオトインティライミ、福原美穂、青山テルマ、などトップアーティスト達との活動のみならず、ジャズ界のトップ・ミュージシャン達との共演歴など多岐にわたりジャンルにとらわれない柔軟さとセンスでこれまで多くのミュージシャンとのツアーやレコーディングに参加。
 そして2019年8月、自身初となるヴォーカルアルバム【DOVAN】をリリース。
 続いて2020年5月、自身2枚目となる【TEGE】をリリース。
 鹿児島から世界へ発信中。
 ※開催日の変更に伴い木村絋氏より変更となりました。

 


主   催

公益社団法人鹿児島交響楽団・南日本新聞社・南日本放送

助   成

公益財団法人鹿児島県文化振興財団

協   賛

公益財団法人かぎん文化財団・公益財団法人MBC畠中文化基金

後   援

鹿児島県・鹿児島市・鹿児島市教育委員会

お 願 い

会場内では感染対策にご協力ください。

お問合せ

鹿児島交響楽団事務局 ≪TEL & FAX≫ 099-223-3093 (平日10:00〜16:00)

鹿児島交響楽団第95回定期演奏会(予定)

日   時

2021年11月7日(日曜日)午後3時開演(宝山ホール)

演奏予定曲目

旋律がせつなく響きわたるチャイコフスキー最後の交響曲第6番「悲愴」。第69回南日本音楽コンクールグランプリ受賞者、大澤桃佳氏との共演もご期待ください。
 ・チャイコフスキー :交曹曲第6番口短調作品74 「悲愴」
・プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より “私が街を歩けば(ムゼッタのワルツ) 他

指  揮

藤本淳也

ソプラノ

大澤桃佳